ゲストアーティスト

ハワイからのスペシャルゲスト、国内の人気ハワイアンミュージシャンをロコフェスタで堪能♪

観なきゃ!聴かなきゃ!超豪華アーティスト。

ジョン・ケアヴェ&ホープ・ケアヴェ
John Keawe & Hope Keawe Kia From Hawaii

ジョン・ケアヴェ&ホープ・ケアヴェ

ジョン・ケアヴェ

ハワイ島生まれのスラックキー・ギタリストでありソングライター。
スラックキー・ギターは独学で学ぶ。アロハ・スピリットあふれるジョンの音楽は、家族、故郷、そして受け継ぐべき伝統を愛し、大切に思う気持ちが反映している。
彼はハワイ各地でライブを行ない、アメリカ本土でも演奏を行なうことがある。
数々の音楽賞を受賞:ナ・ホク・ハノハノ賞を5度、ハワイ・ミュージック賞を3度、ビッグ・アイランド・ミュージッを1度。
2005年には彼のCDがハワイで初めてのグラミー賞など。

ソロとしての22年のキャリアの間に11枚のCD、ライブのDVDを1枚、インストラクションDVDを2枚リリースする。
また、ケオラ・ビーマー氏のアロハ・ミュージック・キャンプにスラックキー・ギターイントラクターとしても関わる。

ホープ・ケアヴェ

ハワイ島のノースコハラ生まれ、現在もそこで暮らす。
1993年から故クム・レイリーン・ハ‘アレレア・カヴァイエア’アの指導のもとでフラを学び始め、現在はコナのクム・ケアラ・チンとともに学んでいる。
「フラ・ハラウ・オ・マナ‘オラナ・オ・コハラ」というハラウのクムでもある。クムであるために必要な過程であるパパ・クムのクラスを続け、ハワイ文化とフラの伝統を末長く伝えていくことが彼女のゴールである。

ジョンのオリジナル曲を美しく伝えることのできるホープのフラは優雅で、ジョンの音楽に欠くことのできない存在である。
ホープとジョンは、ナオミとシェリーという二人の孫娘が幼い頃からずっと育てている。孫娘らはホープのハラウでフラの伝統を学んでいる。

★John Keawe オフィシャルサイト

田中 新

松本ノボル

幼少より母の影響でフラが当たり前にある環境に育つ。

エッカードカレッジ(フロリダ・米)にて4年間国際関係学を専攻後、ハワイ大学マノア校大学院にて文化人類学を専攻。
ハワイと日本の文化を研究し帰国。

クムフラ、エトア・ロペスに師事。
フラのみならず、生花でのレイメイク、楽器作り、ハワイ語や歴史など、ハワイ文化全般に精通している。

松本ノボル

松本ノボル

神奈川県出身。ハワイアン・ミュージックの新たな展開を牽引するネオ・リーダー的存在。
ウクレレ・クレイジーやアグネス・キムラのセカンド・アルバム等、ウクレレ、ハワイアン・ミュージックのプロデューサーとしても活躍。
スラックキー・ギタリスト、ウクレレ・プレイヤーとしてもその実力は知られており、ケオラ・ビーマー、ハーブ・オオタJr.、ダニエル・ホー、KONISHIKI、ブルース・シマブクロ等とも共演。またマツモト・シェイブ・アイス・バンド等さまざまなハワイアン・ユニットや、自身のウクレレをフィーチャしたアイリッシュ・ミュージックバンドオルタナティブ・ブラッドなど積極的かつ野心的に活動している。ウクレレ、スラックキー・ギターの講師としても人気を集めている。

★松本ノボル

パニオロ山内

パニオロ山内

スタジオミュージシャンとしてCM音楽の製作への取り組みや、ユニットを組んでのメジャーデビュー、バンドのリーダーとして演奏する傍ら、アニータやレイラホワイト等の製作プロデュースにも関わる。
スラッキーギターのテクニックを活かし、ニューエイジ・ハワイアンバンド「ププレボーイズ」を結成、横浜近郊のライブハウスなどで活動。
同時にソロ・スラッキーギタリストとしてソロ活動も開始する。
2005年にはハワイのアーティスト、ダニエル・ホーを招き、湘南発のハワイアンコンサートイベント「アロハサウンド、メレ・ラウナ2005葉山」を開催。また、ウクレレの神様とよばれている、トロイ・フェルナンデス来日に際して競演。2006年にはトロイ・フェルナンデスのジャパンツアーのサポートをバンド「Paniolomen」でバックアップ。トロイとの揺るぎ無い信頼関係を築くなど精力的に活動。現在は、ハワイのミュージシャン達のスタイルを受け継ぐ、ジャンルやカテゴリーにとらわれないアイランドスタイルバンド「HOOPERS」を足場に精力的な活動を続けている。

★HOOPERS

鈴木祐輔

鈴木祐輔

様々な音楽を経てハワイ独自の調弦、スラックキーギターに出会いハワイアンを中心に活動中。E KOMO MAIのメンバーとして映画「全然大丈夫」サウンドトラックに楽曲を提供。

エコモマイ、アグネスキムラバンドとしてのライブ活動の他、数々のスラックキーギターコンピレーションアルバムに参加しアーティストのライブ、レコーディングをサポートしている。
また、国内外での客船クルーズにてエンターテイナーとしてショーを行っている

  • 2012年10月 オアフ島EWAにて行われたSlack Key Guitar Festival に出演
  • 2015年 1月 全10曲 入りのオリジナル スラックキーギター ソロ アルバム「Beautiful Days」をリリース

★鈴木祐輔

KOZI & Lanikai

KOZI & Lanikai

KOZI -koji Hiwalani Nakazawa

ハワイアンソングを歌いフラのための演奏を行う音楽活動を展開。
ソロ活動ではKOZIとして、バンドではJona Sounds、Moanikealaで活動中。
目黒雅叙園タヒチ・ハワイフェアや府中フラフェスタ、ライブ、イベントにて演奏している。 2014年9月 Hawai`iにて 、チャンターとしてのHo`opa`aをUniki。各ハラウのステージ、Hoikeなのでチャンターとしても活躍。

イベント企画では、コアなハワイを知ってほしいHana Malu Tourの企画、運営、またAloha my Ohana ?伝えたいハワイの歴史では、映画Go For Broke!ハワイ日系2世の記憶の上映をメインとしたHula&Liveなどの企画運営。
ピクチャーハワイというハワイをテーマにした写真撮影講座を近藤純夫氏と企画、運営。

自宅では好きなトロピカル植物の温室も所持。レアな植物も育成、販売。
【所属】  Hawaiian Band Jona Sounds、 Moanikeala Hawai`i Aloha Academy Ho`opa`a Class ‘Akepa

Lanikai

2001年夏、フラを通じて知り合い、出会ったその日にユニット結成。
2002年よりLanikaiとして活動開始。現在、日野・八王子で開催されるメレフラやハワイアンイベント、ホーイケなどを中心に活動中。 Lanikaiは「天国の海」として知られる美しいビーチの名前。
私たちのハーモニーでハワイの風を感じていただけたらと思います。

© ロコフェスタ公式サイト